今週のコラム
IFLHP管理人のTOMOが好き勝手に世の中を斬る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年8月1日 アジアカップ前編
アジアカップが終わりました。残念ながら日本は4位。良い面・悪い面がはっきり出た大会だったと思う。
良い面の1つ目は得点を期待させるFWがいること。大会得点王になった「高原」だ。間違いなく現時点でのエースストライカーである。

2つ目はオシムの目指すポゼンションサッカーが浸透し始めていること。ボール支配率で相手を圧倒した。

3つ目はベテランの存在感。中澤・川口がディフェンスリーダーとして体を張って頑張っていること。

4つ目は代表キャップ数の少ないプレーヤーが貴重な経験を積んだこと。

悪い面は、攻守の切り替えが遅いこと。
確かに深く引いてカウンターを狙う相手が多いため、遅攻になることが多くなるが、それにしても速攻がほとんど無く、一発のロングパスで裏を狙うとか、単独ドリブルで持ち込むなどのプレーが皆無。
ボールを奪えば、まず中盤やディフェンスラインで回し、サイドバックのオーバーラップを待つ、フィニッシュまでにたくさんのパスと時間をかけて攻める。
そのため相手が守備に戻る時間を与えてしまい、点が取れない。サウジやベトナムのように少ない人数・時間でフィニィッシュまでいくような攻撃を織り交ぜてほしい。

2つ目は、高原のパートナー。今回は巻を選んだため、ファーストトップを2人にして前で勝負にでたが、結果は芳しくなかった。
相手のディフェンスラインに2人のトップが並んで入る形にになり、スペースを失う(相手のディフェンスが引き気味だったためよりスペースが少なかった)。スペースを求めて高原がサイドに流れてしまうケースを増やしてしまった。
個人的にはセカンドトップ的なプレーヤーが欲しかった。フィニッシュもチャンスメイクも裏を取る動きもできるプレーヤーが理想だ。こんな選手が入ると、トップ下のいない(サイドに流れることの多い俊介はトップ下とは言えない。セルティックでもトップ下では無い)今のチームにおいてアクセントになるはず。
大久保や田中達也あたりが更なる成長を臨む。
 
話が長くなりそうなので続きは次回へ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://iflcolume.blog102.fc2.com/tb.php/4-6deaac8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tomoiju

Author:tomoiju
名前:TOMO
役職:IFLHP管理人
ニックネーム:エセ関西人
所属:IFL ブラオヴィーゼ諫早
ポジション:後ろの方・ベンチの方
得意プレー:切れ味鋭い「つっこみ」と、中途半端なボケに対する「スルー」
苦手プレー:褒められる・つっこまれる



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。