今週のコラム
IFLHP管理人のTOMOが好き勝手に世の中を斬る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年7月19日 薬疹
「薬疹」って知っていますか?

5~8日の4日間は神戸へ、14・15日は大分へ。
この6日間の休みを取るべく、6月下旬よりハード勤務が続いていました。
さらに、帰省したらしたで、やはりゆっくり休めないものですね。親戚廻りやお墓参りなど、忙しく動き回り、帰る頃には、心身ともにクタクタ・・・。家にたどり着き「ホッ」と一息ビールを飲んだらついつい「うたた寝」。
 
9日からは出勤、重い体を引きずり、冷房ガンカンの職場へ。帰る頃には頭痛とダルさと関節の痛み。「あぁ~風邪にいたかなぁ?」と思い熱を測る。“37.4分” 今日は早く寝よう。

10日朝、熱は下がらず“37.7分”。頭痛・ダルさ・関節痛の三重奏。不覚にも欠勤することに・・・。ひとまず、安静にしていよう・・・。
しかし、一向に楽にならない。観念して病院へ。診断はやはり風邪。しかし熱はさらに上がり“38.3分”。肺炎の可能性があるので強めの薬をもらって帰る。
薬の効果か夜には平熱へ!

11日朝、平熱。しかし、ダルさはと頭痛は残るが、出勤。サラリーマンはつらいよ!

12日も平熱。「よし、直ったぞ!」と言いたいが、体はまだダルい。しかものども痛くなる。(せきはほとんど出てないのになぜ?)

13日も平熱。引き続き、ダルさとのどの痛みは続く。さらに軽い腹痛も出始める。「あれれれれ?」その日も仕事は早めに切り上げ、明日からの大分行きに備える。台風が心配だが・・・。
さあ、夕食だ。腹痛はあるもの気になるほどではない。食卓に座り、食事を始めようとした瞬間、まず妻が異変に気が付いた。「湿疹でてるよ!」見ると腕にビッシリ「湿疹」がでてる。驚いた私はTシャツを脱ぐと、さらにひどい「湿疹」がビッシリと。それは全身に出ていたのだ。
あまりの、ひどさに妻が病院へ行こうと言うが、あまりかゆくないので一晩様子を見ることに・・・。

翌14日、台風到来で大分行きは中止。
「湿疹」は相変わらずひどい。病院へ行くことに。
そして、診断は「薬疹」。風邪のために出した強い薬が体に合わず、アレルギー症状がでたようです。

薬の名は「ジスマロック」 昼食後2錠服用、それを3日間続けると、効き目が7日間続く抗生剤で「マクロライド系」と呼ばれる抗生物質だった。

すぐに、解毒剤を注射してもらうが、全身に薬の効果が広がっているため、薬の切れる7日目まで、「薬疹」は消えないと宣告されました。
最初に飲んだのは10日、ということは効き目が消えるのは16か17日。それまでは毎食後3錠の解毒剤を服用しなければならない。もちろん飲酒はダメ!

その後、宣告通り、「薬疹」は17日に完全に消えました。今から考えると、ダルさ・のどの痛み・腹痛は薬のアレルギーだったのでしょう。

この1週間はなんだったんだろう?
休みを取るため、苦労を重ね、体を壊し、旅行も台風に飛ばされ。
残ったのは「湿疹」と「解毒剤」と「何の用事も無い14・15日の連休」

PS. 若さで乗り切れるのは去年くらいまでだね。
    オーバー30を痛いほど感じた1週間でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://iflcolume.blog102.fc2.com/tb.php/2-2081def7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tomoiju

Author:tomoiju
名前:TOMO
役職:IFLHP管理人
ニックネーム:エセ関西人
所属:IFL ブラオヴィーゼ諫早
ポジション:後ろの方・ベンチの方
得意プレー:切れ味鋭い「つっこみ」と、中途半端なボケに対する「スルー」
苦手プレー:褒められる・つっこまれる



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。