今週のコラム
IFLHP管理人のTOMOが好き勝手に世の中を斬る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「健康ってありがたい ~少し昔の話~」(発病編)
結婚式貧乏・コラムニスタTOMOでございます

広く浅くをモットーとした友人関係を築いていた若かりし頃のTOMO

漠然と、「オレって結婚式呼ばれることってあるんかなぁ?」思っていた。
さらに「オレって結婚式で呼べる友達おるんかなぁ?」とも思っていた。

しかし、実際、適齢期になると呼ばれるは呼ばれるは!
26歳から年4~5回ペース。
呼んでいただけるという喜び
大枚が羽を生やして去っていくせつなさ

それでも、呼ばれるということは自分の時に呼べるということ!

おかげ、3テーブルも友人で固めることができ、楽しい式ができた。ありがとう!

しかし結婚後に気づいたこと、
嫁も結婚式によく呼ばれる人だった。

31歳になった今でも、2人合計で年4~6回ペース・・・
いつまで続くのか、嬉しいことだが、苦しくもある。

それでも、呼ばれたら喜んで行きたいッス!
しっかりお金貯めま~す!

これから結婚する人!早めに言ってや~!

-----------------------------
(前回の続きから)

年月は流れ


1999年 ノストラダムが話題をさらった運命の年

そんなTOMOも大学を卒業し、無事就職。

すると、学生時のように時間は無いが、金は残るようになる。
時間が無いからお金もあまり使わなくなる。

すると途端に食生活がおかしくなる。
相変わらず主食は「ホカ弁」
しかし、以前は普通サイズの弁当がメインで、たまに「ご飯大盛り」くらいだったのが、
「から揚げ弁当」に当然の「ご飯大盛り」、さらに「味噌汁」、「サラダ」、それに加え「とんかつのみ」をオーダー
もちろんビールも常備。

昼メシも他のスタッフが400円で腹がふくれる弁当(お惣菜)を、800円くらい食べる。


食が細く、食べれずに苦しんだ幼少期
貧乏学生(飲み会が多すぎ)で食べれずに苦しんだ学生時代、

胃腸的にも、金銭的にも食べれるようになったTOMOは
短い春を謳歌するように、暴飲・暴食ロードをまっしぐら!

しかしその時は確実に近づいていた・・・


1999年12月28日
「ミレニアムの夜明け」・「Y2K問題」・「検証ノストラダムス」に沸く年の瀬

その日は仕事納め

29日より実家へ帰省する予定にしていたTOMOは仕事終わりに
友達と待ち合わせ、2人でこじんまりと忘年会を行う。


しかし、この日ばかりはなぜか、食も酒もすすまない。
頼んだ定食の4割を残し、ビールも1杯飲みきらない・・・

友人「どないしたん?」
「わからんけど、あんま食欲ないみたい・・・」
「年末忙しかったから、疲れがでとるんかも?」
友人「ほな、はやめにきりあげようか?」

この時点では取るに足りない出来事。
「まぁゆっくり寝れば、大丈夫やろ~」っと高を括って早めの就寝・・・
明日の昼には機上の人・・・


1999年 12月29日 朝

目覚めとともに軽い腹痛を感じる。

「腹痛!昨日あまり食べんかったから腹へって胃酸ができすとるんかな?」
「ひとまず、2度寝しよう~」
この頃は朝を食べないのでもう一眠り・・・

昼前、腹痛で目が覚める。
「アカン、さっきより痛なっとう・・・」

実家で連絡し、「ちょっと、調子が悪いから帰省は明日にする。」
今日は1日、家で安静にしよう。

空腹感を感じるも、今日から帰省予定だったため家には食べ物がない。
冷蔵庫からスープ缶(ホテルオークラとかのおいしいスープの缶)を見つけ、温めて飲む。

2口3口飲んだだけで、気持ち悪くなり吐く・・・

いよいよやばくなってきた。

それでも、まだ様子をみようとするTOMO。

昼の12時より始まった「あいのり」スペシャル(再放送)を見始め、
気を紛らわす・・・

15時に「あいのり」終了。
水を飲む・・・うげーーー。
また、吐く。

こらアカン・・・
病院行こう・・・(って言うか早よ行け!)

車で近くの町医者へ

少し体を動かしたせいか、腹痛は断続的に激痛に変化。

病院になんとか到着
あまりの痛みで座っていられず、病院の椅子に倒れこむ。

あまりの症状に、順番を早めてもらい診察
ひとまず痛み止めをうってもらい、ベットに横になる。

30分たっても痛みは引くどころか、増す一方。
医師も手に負えないのか
医師「ここでは、治療が難しいので大きい病院へ行ってください」
医師「自分でいけますか?」
「無理です・・・」(って言うか痛くてノタウチ回っているのに自力で行けるかぁ!)

救急車で大きい病院へ搬送
救急車のなかで、救急士の方が痛みを少しでも緩和しようとして、腰をマッサージしてくれる。

「めっちゃ!気持ちいい、痛み引いてきた」(心でつぶやく)

しかし、冷静になると、このままマッサージだけで痛みが取れたら、
何のために救急車で運ばれとるんやろ?
うぁ、さぶ!オレが大げさ過ぎたんか?

病院へ到着
嬉しいのか悲しいのか、激痛復活!
「ふぅ~よかった」ってアカンやん。

問診・検査等でどうやら「食あたり」らしいとのこと。
医師「熱が出てますので間違いないと思います。今日一晩安静にして、明日から食事を取ってみましょう」

初・入院・・・
しかも6人部屋
夜はじいさん達が「うぇ、うぇ、はぁ、はぁ」言ってます。

ちなみTOMOそれどころではなく、腹痛は引いたものの
高熱で体がだるい。

12月30日 朝
腹痛は引いたまま。
よし、朝飯を食う。
一口食べただけで吐く・・・

そこからまた腹痛、さらに、熱も上がる。

少し落ち着いた頃、一応実家に電話をかける
「今日帰る言ってたけど、食あたりで入院したんで今回は帰らん。・・・ん・・・。あぁ~大丈夫。明日には退院してるんじゃない」


その晩、高熱のせいか、記憶が曖昧でおぼえていません。
ただ、うなって寝てたような・・・。
気が付いたら朝だったって感じです。


12月31日 大晦日
同様に朝飯が出るが、食べると吐き、熱はさらにあがる。
医者「どうやら、食あたりではなかったようです。」(っていうか誤診???)
医者「外科的治療が必要な可能性がありますので総合病院へ移っていただきます」
この時点ではじめてここが内科専門病院であることに気が付きました
しかも外科的治療? → 手術???
サイアク・・・!


昼過ぎ、転院

1999年最後の日に救急車で搬送されるTOMO

痛みを堪え、あらゆる検査を受ける。(MRI、エコーなど)

病名「急性膵炎(すいえん)」であろう・・・(ってまた予測・・・ほんまかいな!)
医者「原因はまだわかっていませんので、今後さらに治療しながら調べていきましょう」


その日から、完全絶食。食事どころか水分もだめ。
とにかく口から摂取することを禁じられたのだ。

栄養補給は点滴から、しかも24時間点滴。


その晩、実家と会社に詳細を連絡。
上司「はぁ~?、お前実家に帰っとったんやなかったんか?大丈夫なんか?」
「大丈夫ではないようです。すみません」
上司「退院は?」
「いつになるか検討がつきません・・・」


その夜、
世界中でミレニアムを祝う花火が打ちあがり
Y2Kと呼ばれた2000年問題で会社に張り付くサラリーマンがいて
いつもと変わらない年越しを迎える人がいる


その中、TOMOはベットの上で、原因不明の病気で高熱を発し、発作のように腹痛に襲われ、
「死ぬかもしれん・・・」と漠然とした不安感の中


2000年を迎えた。

(入院編に続く)

スポンサーサイト
「健康ってありがたい ~少し昔の話~」(プロローグ)
割と食べ物に気を使うヘルシー・コラムニスタ・TOMOでございます。
本当にこの数年、何を信じれば良いのか?全く解らなくなりました。

昨今賑わすニュースは毒入り冷凍餃子事件・・・

売るほうも中身に何が入っているか完全には把握出来ていない物が店頭に並ぶ・・・
内を判断基準に選べばよいのか?中国産は買わなければ良いのか?
日本製なら安全なのか?

日本も不動産からはじまり食品・菓子・紙など偽造の山!!!!


新鮮なものを選ぼうと思っても、書いてあることに嘘つきまくられていたら元も子もない。
最後に信じられるのは自分の舌だけ・・・

TOMOもとある事件から、食べ物に気を付けるようになりました。

今日はそんなお話・・・

-----------------------------

1999年末 突然、TOMOをとある病気が襲う


元々TOMOはあまりお腹の強い方ではありませんでした。
好きだった冷たいもの食べ過ぎたり、少し古いものを食べたら、すぐ腹を下す方で、
さらに、胃腸も弱く、食も細く、いわゆる「もやしっ子」っと呼ばれる子供だった。

そんな、ユルいお腹を持つTOMOは自分の身を守るためか
味覚・嗅覚が年とともに日本刀のように研き磨かれ
賞味期限切れの食べ物を高い確率で選別できるようになり、
未然に危機を回避できるよう成長。


そんな高感度センサーをものにしたTOMOは大学入学とともに、念願の一人暮らしをはじめる。

しかしここまで、温室のように育てられていたTOMOの胃腸は過酷な試練に見舞われる。

入学後、当然のごとくサッカー部の門を叩き、新しい環境に充実した日々を過ごしていた。

ただし、高校と大学では大きな違いがある!
それは飲み会という名の拷問・・・

大学には「4年神様、1年奴隷」という言葉があり、先輩の言うことは絶対命令。

日々、「一気、一気・・・」の掛け声がこだまし、
飲まされ、吐き、記憶が飛ぶ・・・

朝起きれば、ベットの上に大量のゲロ、そう「寝ゲロ」である。
いくつ、布団を買いなおしたことやら・・・

さらに、「カクテル」という名のスペシャルドリンクがさらにTOMOを苦しめた。
この「カクテル」は即興性豊かな物体で、日々進化をし続ける。

一例として、
ベースは「焼酎」、
「氷」は邪魔になるので退け、
さらにトッピングとして「海老の尻尾」に「レタス」、
ロックじゃ可哀相と「揚げ出し豆腐の残り汁」が微妙に足され
味付けが足りないと「醤油やマヨネーズ」を足され
それじゃ可哀相だと「レモン」を絞る

それを「一気」の掛け声で飲まされる(食べさせられる)

この一例はまだ優しいほうで、
これに雑炊やご飯が足されると、ゲロの味がするのだ・・・

しかも先輩が囲むテーブルに自らむかい、それを頂戴しないといけない。
しかも、飲んで(食べて)先輩がOKするまで、トイレにも駆け込めない。

このルールがすごいのが、はじめに行くと割りと優しい「カクテル」で済むのだが、
後になればなるほど、えげつなくなる。

さらに、行かなかったりのが見つかると、それをよりきついのを2~3杯飲まされる・・・

まさに地獄絵図・・・


こんな苦行を1年乗り越える頃には、見事(?)鉄の胃腸を手に入れる。
さらに2年になれば、ある程度「カクテル」から開放され、
役割はつぶされた1年の介抱役が回ってくるのだ。

ただ、悲しいことに3・4年になる頃には、この苦しさを忘れ
地獄絵図を主催している自分がいる・・・

まさに若さゆえの過ち・・・


ちなみにこの頃の主食は「学食」「ホカ弁」「スーパー惣菜」
(田舎大学のため、定食屋のような店が極端に少ない)
飲み会が多いため、それ以外では贅沢ができない貧乏学生だった。
そのため、安く食材を手に入れることができるバイトを好んでしたものだ。
(コンビニ→賞味期限切れ弁当、スーパー→惣菜、居酒屋→自分で勝手に作って食う・飲む)

金と食事をGETするために働き、金は飲むためだけに消えていく???

不毛な学生生活・・・

しかし、最も楽しかった時代かもしれません。

(発病編へつづく)



プロフィール

tomoiju

Author:tomoiju
名前:TOMO
役職:IFLHP管理人
ニックネーム:エセ関西人
所属:IFL ブラオヴィーゼ諫早
ポジション:後ろの方・ベンチの方
得意プレー:切れ味鋭い「つっこみ」と、中途半端なボケに対する「スルー」
苦手プレー:褒められる・つっこまれる



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。