今週のコラム
IFLHP管理人のTOMOが好き勝手に世の中を斬る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会問題を個人的に考察
2006年12月から長崎でも地上デジタル放送が始まりました。
どうも、こんにちは!
TV好き・コラムニスタ・TOMOでございます。

遅れること9ヶ月やっと大村に住むTOMO宅にも地デジの電波が安定して到達するようになりました。
(諫早局開設は12月ですが10月16日より試験放送が開始しています)
4月ごろから微妙に電波は届いていたのですが安定感がなく、
「コマ落ち」って言うんでしょうか?
まっ、しっかり見えないわけで・・・。

ちなみに、TOMO宅ではTVは2年前より、
HDD-DVDも去年より地デジ仕様に・・・
待つこと2年・・・

ハードはもっていてもインフラが整備されない、悲しい時期を乗り越えて、
やっと悦に浸っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

TV好きなTOMOであるが最近は、「姫」のおかげゆっくり見る機会を失っている。
もちろん、ここしばらくは「ドヒューンと心臓をエグる作品」にお目にかかれないのも一因です。

でも今回は
「金八」がはじまる!

しかも2クール確定のため半年、見はまれるのだ!
もちろん、正月スペシャルのおまけつきのはず!

なぜ、いまさら「金八」か?
別に古くからの「金八」ウォッチャーっというわけでもなく、
子供が生まれたから急にっというわけでもない


思い返せば2シリーズ前(今から6年程前)
当時は人と合うのがおっくうで、「プチ引きこもり」だった時代(この話はいずれ。)に

何気なく見た衝撃的なファーストシーンから引き込まれてしまったのだ!

「う~ん、何見ようかな?おもろいのないな!」
「金八?そんな、まだやりよんか?古くさ~」

「って、えぇ~~~~~~!、なんじゃ~、こら~~~~?」
「どこが、金八やねん!」

その衝撃的なシーンとは、オープニングから人が殺されるシーンだった!

そのシリーズのテーマは性同一性障害と犯罪者の子供!
「うぁ~、激重っ!」

とある時期に2人の転校生が来る。


一人は制服を着るのを拒む(正確にはスカートがイヤなため)女生徒(駆け出しの頃の上戸彩)
心は男なのに、体は女!っと言う苦しみと葛藤する少女

もう一人は他人とコミュニケーションをとらない男子生徒(ジャニーズJrっぽい少年)
彼の姉は少年グループに強姦された上にそのまま樹海に放置されため死亡してしまい、
逆上した彼の父はその少年グループの一人をナイフで刺し殺してしまう。
短い間に彼は被害者の家族と加害者の家族になってしまい、心を閉ざす・・・
(ちなみに彼の父は金八の元同僚の先生!)

この、苦難をぶつかりながら乗り越えていくというストーリー・・・・
(詳しくはDVDでも借りなさい)


どっぷりはまりました!


次のシリーズは、また重い・・・・
学級崩壊とドラッグ!

学級崩壊はありがちなパターンだったが、
ドラッグは激重っ!

運送業を営む父がある日事故にあい、動けない体に、
ちなみにこの父は覚せい剤を大量に運ぶ途中だった!

体の痛む夫を見かねた妻(少年にとっては継母)はトラックの荷台から見つけた覚せい剤を
夫に打ち、痛みを和らげようとする。(働き手の父が倒れ、病院に行く金がない)
次第に妻も覚せい剤常習者へ・・・
そして、少年へ虐待・・・

後に両親ともに逮捕され、一人になった寂しさと唯一の親友の自殺(未遂)で我を失った少年は、
母の隠していたドラッグを見つけ・・・


・・・なるストーリー!(詳しくはDVD探しやがれ!)


うん!激重!


ちなみにこの2作しか見たことがありませんが
時代が変わったんだなぁ・・・って感じます!


昔は、イジメだの、校内・家庭内暴力だの、中学生の妊娠だの、受験戦争だの、この程度でした。

確かに最近の子は何を考えているのか、わかりません?


キレる若者?キレる少年?キレる少女?
ってやつですか?


昔から、不良だのヤンキーだのチーマーだの暴走族だのいろんな名前のどアホがいました。
そういう知り合いも友達もいましたが、そいつらも、そうだったかと言うと、

以外と話せばわかる奴だった。
まぁ、微妙だったが1本筋が通っていたし、仲間を思う気持ちは半端やなかった!
勝負所はしっかりわかっていた。一線をしっかりわきまえてる奴が多かった。



だが、今はどうなのか?



「キレて」、クラスメイトを殺したり、親を殺したり、より小さい子を殺したり・・・

なぜ、「キレた」だけで簡単に人を殺せるのか?

一般論では、親が悪い、教師が悪い、社会が悪い、政治家が悪い、マスメディアが悪い・・・
様々なことが叫ばれている・・・


個人的に分析してみようと思う!

3.141592・・・・
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響き有り・・・

・・・分析中・・・

√2/4+445×709?・・・・
富士山麓にオオム鳴く・・・


Ans.
=「ウルトラマン」

キレる若者と「ウルトラマン」は大きな因果関係があることがわかった。

ウルトラマンといえば、
攻めてきた極悪怪獣から地球を守る正義のヒーロー。
しかし、ウルトラマンの姿で地球にいれるのはわずか3分!
その間に極悪怪獣を倒さなければならない。
そんな厳しい条件にもめげず、日夜、地球の愛と平和のため戦い続ける。


一見、ヒーローもの当たり前のストーリーだが、
これこそが、子供たちの情操教育に大きな影響を及ぼしているのだ!


まず、極悪怪獣は本当に悪なのか?ウルトラマンは本当に善なのか?
怪獣が暴れているのには何か原因はないのだろうか?

もしかしたら、住む場所が荒らされて困っているのかもしれない、
もしかしたら、食料となるものが汚染されて怒っているのかもしれない、
もしかしたら、彼女にふられて自暴自棄になっているだけかもしれない、

しかし、そんなことは気にせず、ウルトラマンは自分の正義を振りかざし、
怪獣の気持ちも考えず戦いを挑んでしまうのだ!

しかも、3分しか地球上にいられないという、実に個人的な理由で、
最終手段「スペシウム光線」を使い、怪獣を倒してしまう・・・
(最終手段でなければ、最初から使えばええのに!)


総括しよう
相手の話を全く聞かず、自分勝手な正義を盾に、自分が勝手に決め込んだ悪に戦いを挑み、
最終的に自分が困ったら有無を言わさず最終手段でやっつける!

これはなんて自分勝手話なんだろう!
これこそが、正義だ、ヒーローだと教わった子供が、
自分の中だけの正義で、自分が困ったら、
相手に最終手段を使っても良いと思ってしまうのも仕方ない!

「お父さん、成績のことばかりで超ウザイ!」
「成績がすべてじゃないでしょ!」
「お父さんは、成績で私をいじめる悪い奴なんだ」
「でも、口や力では勝てない!」
「そうだ、最終手段、殺してしまえ・・・・!」


とうとう、たどり着いた、諸悪の根源!



なんてなぁ~


「あんた、円谷プロに訴えられるよ!」



PS.
すみません、今回は大きな妄想特急ですのでご勘弁を!
別に、ウルトラマンにうらみはありません!ごめんなさい!円谷プロ!
って言うかウルトラマン大好きです!

でも
ウルトラマンをア○リカ
怪獣をア○ガン、イ○クに置き換えると、

当たらずも遠からず・・・って思うのはTOMOだけでしょうか?

スポンサーサイト
日本の片隅で環境問題を叫ぶ
カリスマ店員・コラムニスタのTOMOでございます。
TOMOのお仕事はとあるお店の店員さんです。

先日見たニュースに愕然としました。
なんと、万引き(今はカゴダッシュと言うらしい)をして逃走している犯人を捕まえようとした店員がその万引き犯に刺されて亡くなったそうです!

ショックでした!同じショップの店員として、万引き見つけたら捕まえる。当たり前のことなのに殺されてしまう。

万引きされても見てみぬフリをしろってこと?
いや~な世の中になりました・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ここ数日、朝晩は過ごしやすくなりましたねぇ。
それしても今年の夏は暑かった!
完全に夏バテでした!


はじめは「冷夏」って言ってたのに、気付けば歴史的な「酷暑」!!!
冬生まれのTOMOは夏が非常に苦手です!
って言うかダメです!!全くダメです!!!


何がダメなのか?
もちろん、暑さもありますが、それよりも「日焼け」が大の天敵です!


夏場、日中少しでも外に出ようものなら、すぐに顔が日焼けで赤くなり、ゆでだこのようになります。
それはもう日焼けとは言えないほどで、完全にヤケド状態になり、終いには水ぶくれができます。

かと言って、別に肌が弱いわけではありません。
洗剤等で肌が荒れることはほとんどありません!!

そう、ただ「日焼け」そう「紫外線」にのみ弱いのです!


なぜなら!
ご存知の方も多いと思いますが、TOMOはスーパー「色白」ちゃんです。
そんじょそこらの「色白」ちゃんでは太刀打ちできないほどの「色白」ちゃんなのです。

紫外線が強くなる5月以降は日焼け止め(SPF高めのやつ)や帽子・サングラスが手放せなくなります。
特に、日焼け止めは長年愛用しております。
もちろん、部活中は必ずと塗りたくっておりました。


そのおかげで(?)
TOMOは未だにスーパー「色白」ちゃん。
脱いだらキング・オブ・「色白」ちゃんにグレードアップしちゃうのです!


そしてたくさんの伝説が生まれました・・・


「お前、部活真面目に行きよんか?全然焼けてないやんけ!サボったらアカンやろ!ボケぇ~!」


「うちらの学年で一番白い子って誰やろう?」
「9組のTOMOやないん?」
「うぁ、キショ!男やない!男のくせに女よりしろいんか!キッショ~!」


「さぁ、TOMOさん採血しますねぇ。腕出してくださ~い!」
「うぁ!よかった、とりやすそう!」


当時の彼女に
「TOMOお願いだから、並んで歩かないで!」
「私、色黒ちゃうのに、あんたと歩くと色黒に見えるねん!」


コンパにて
「TOMOさんって、文化系ですか?だって細くて、色白やから!(笑)」


プール授業にて
「うぁ、TOMOなんやあの白さ、さぶぅ~!白いゆうか青いがな!」


学校に食あたりでて吐いた時
「TOMO君、ゴメンネ・・・。TOMO君いつも白いから、先生、顔色わからなかった・・・」
「気が付けなくて、ホントにゴメン!」


学園祭企画
「夏が一番似合わない人ランキング・・・・・ダントツの1位」


・・・白さゆえの数々の中傷、悲劇・・・


そんな、白くて細くいTOMOですが、
そこのおねぇちゃん!
文化系やないんよぉ!
バリバリの体育会系!


サッカーはもちろんのこと、
かじったスポーツも数知れず・・・


卓球・器械体操・バスケット(3on3)・ハンドボール・柔道・スキー・スノボー・ビリヤード・ローラースケート・けん玉・カルタ・百人一首・ポーカー・ブラックジャック・ババ抜き・七ならべ・鬼ごっこ・高鬼・色鬼・・・・・

(ちなみに、野球・ソフトボール・テニスは苦手っていうか、嫌い!親父がやらせようとしたから、その反発で)


白さゆえにサマースポーツはできるだけ避けて生きてきた!


そのかわり、ウインタースポーツは大好物!


特に小学生時代に初めたスキーがダイスキー!(オヤジギャグでました!)
やっと自由を手に入れた、大学時代には数え切れないほどゲレンデに通い詰め。
「おっ、やるやん!」って言うくらいまで成長!


4年からはスキーを封印して、スノボーに転向!
新たな、ゲレンデライフを満喫しております。
ちなみに、九州にあるスキー場はすべて走破しました!(大したコースではないんやが・・・)


そういえば、2年前、旧オリビエの面々といきまいしたなぁ~~~!スノボー!
大佐・少佐が意外とやるんでびっくり!向井は?う~~~~ん?
詳しくはオリビエHPにて


今シーズンは難しいでしょうが、(まだ1歳に見満たないため)
来シーズンこそは「姫」にゲレンデデビューさせようと計画中!


スキーは正直言って、初めから余裕だった。
ゲレンデに出て1時間後には必殺・ボーゲンでシュプールを描きまくり!
(説明しよう!ボーゲンとはハの字で滑走するスキーの初歩中の初歩なのである!)


「こけてる奴ってアホやないん!」 ← ボーゲン野郎

「うぁ、あいつ、まだ、ビビッとう!」 ← 初歩ボーゲン野郎


滑れることに満足してそれから5年、ボーゲンを卒業できないTOMOなのでした。


その後、高校時代にパラレルをマスター
(説明しよう!初歩のボーゲンと違い、両足を揃えて滑る。非常に一般的な滑り方)


「もう、俺に下れない山はないぜ!」 ← 一般的なスキーで満足する輩

「もう、スキーじゃ・・・、感動できないぜ!」 ← ジャンプとかできない一般的なスキーでひけらかす輩


社会人となり、金銭的な余裕の出来たTOMOは満を持して、スノボーへ・・・・!


スノボーデビューの日
場所・宮崎・五ヶ瀬ハイランドスキー場
天候・吹雪

この日に備えて、スノボーウェア購入!まずは、見た目から!5万円也


「TOMO、スノボー初めてなんだろ?」

「でも余裕やと思うよ!スキーで慣れとるから、斜面に恐怖感ないし!」

「初めだけ教えようか?」

「ええよ!一応WEBで動き確認してから来とるから!気にせんでええよ!」

「OK、わかった。がんばってなぁ!」


ふっ、ふっ、ふっ、なめやがって。
ベテランスキーヤー(注・一般的なスキーヤー)がスノボーごとき、サクッと滑ッチャル!


えっ、たっ、立てねぇ!
とっ、止まれねぇ!
まっ、曲がれねぇ!

この日、まともに滑ることも出来ず、転び続ける6時間。

こっ、こんなにこけたことあらへん!(泣)

吹雪が顔に突き刺さる以上に、ベテランスキーヤー(注・一般的なスキーヤー)のプライドがズタズタにされた。


くそ~。もうやめた!
でも、大枚はたいてウェアを買ってしまっている・・・


1回目はそんなもんだよ。もう1回行ってみ、たぶんはまるよ!」

「絶対やな!もしはまらんかったら、ウェアの請求書送るで!」

「アホ、誰が払うか!まぁ、とにかく行ってみな!」

「よしゃ、ほなもう一回だけ行ってやろう」 ← なんで上から言っとんねん。
「もしダメやったら、絶対にやめてやる!」 ← しらんがなぁ


宣告通り、2回目でどっぷりはまったTOMOなのです。

今では、ほとんどこけることも無いベテランボーダーへ成長 ← ジャンプなどのテクニックを持たない一般的なボーダー



昨シーズンは悲しいかな雪不足。
九州は全部人工雪なので心配はないが、やはり天然雪の滑っていて気持ちがいい!

昨今さけばれる「地球温暖化」の影響か?

二酸化炭素などの温室効果ガスの影響で地球全体の温度が上がっているらしい。
だから、暑いんや!
このまま、温度が上がり続けると、北極の氷が溶けて、日本の大部分が沈む!


・・・・・って思ってたんやけど、違うらしい。


北極の氷は海に浮かんでいる。
海面から出ている部分は海水が固体化した時の膨張した分らしく、
溶けて海水に戻れば体積は元に戻るので海面は上昇しないらしい。

ならなぜ、温暖化すると海面が上昇するのか?
それは、陸にある氷河や氷が溶けて、海に流れると海面が上昇するらしい!


なぜ、こんなことを知っているのか?
なぜか「あいのり」を見ていたらそんな話をしていたからだ!
言ってみたかったのだ!


まぁ、そんなことは置いといて・・・


温暖化を抑えるためにはとにかく二酸化炭素の排出量を減らさないといけない!

じゃあ、僕らには何ができるのか?

 1.呼吸を減らす
 2.知り合いにあまり車に乗らないように頼む
 3.車やバスを使わずに出来るだけ歩く
 4.レジ袋をもらわない
 5.割り箸を使わない
 6.植物を植える
 7.ゴミの量を減らす
 8.電力の無駄をなくす
 9.夜は早く寝る
10.朝は早く起きる
11.TOMOのコラムを読んで笑ってあげる   ・・・・など


出来ることからはじめれば、未来を生きる子供達の笑顔を守ることになる!


さぁ、今からはじめよう!息止め!



TOMOがおじいちゃんになる頃、日本は熱帯化して雪の降らない国になってしまうかもしれない。
そう、なったら大変。



「パパ、昔は雪ってのが降ってたの?」

「そうらしいよ。パパも見たことないけど、雨じゃない、もっと冷たいものが降って、積もったりしたらしいよ。その上に板をひいて滑るスポーツがあったらしいよ!」

「へぇ~そうなんだ!見てみたいな、やってみたいな!」

「そうだ、パパのおじいちゃんのTOMOじいに聞けばしってるんじゃないかぁ?」
「今度会ったら聞いてみよう!」



・・・・ってお前はいつまで生きるねん!



PS.
温暖化のくだりで「あいのり」の話をしましたが、
その「あいのり」直後のロイヤルチェスターのCMに
NEXUS代表のタナケンさんがどアップ映っていました。
大爆笑でした!

まるっと!
おいらはコラーマー♪ やくざなコラーマー♪
おいらが怒ると♪ コラムにするぜ!♪
怒れるコラムニスタ・TOMOでございます。
最近、TOMOは怒っています。
それは、ミランのあまりに不甲斐無い戦いっぷりに!!!!!!怒
現在、1勝4分1敗で11位・・・・。
しかも、まだ8得点・・・・。
トップ4はもう軽く10点以上・・・
予測通りの得点不足!!!!


===================


こんなこと言ってもどうしよもないが、TOMOは昔、相当の「ワル」だった。

それはパン切り包丁のようにとがって、さわるものみな傷つけるようなどうしようもないワルだった。
日々ケンカに明け暮れ、親に笑われること数知れず。(たくさんのたんこぶと青アザ)
う~ん、随分親に迷惑かけたなぁ~。

西に強い奴がいれば、出来る限り西の道は避けて通り、
東にカツアゲがあったと聞けば、お金を靴下に入れて通る。

そんな俺も青かったのか、数々の犯罪に手を染めてしまった。

ピンポンダッシュや
下校中の買い食い、
隣の家の柿の木から柿を盗み、
近くの酒屋の空ビンを片っ端から割り、
カエルの口に火のついた爆竹をいれ爆破し、
プールのあとクラスメイトのパンツを隠し、
掃除は当たり前のようにサボる、
理科の実験中には落ちてた枝の先端にティッシュを巻き、アルコールに浸し火をつける。そんな、お手製タイマツを作り「聖火ランナー」と叫びながら教室を走り回ったり、
そのタイマツが机に落ちてティッシュの箱を全焼させたり・・・

こんな血も涙もないワルだった俺も最近は自覚するほど「まるく」なってきた。

年のせいなのか?結婚したからか?子供ができたから?
理由は定かではないが、確実に「まるく」なった。
それは「破壊の剣」が「竹やり」に変わるぐらいの変貌だと言う友人もいるほどである。

最近では、運転してもゆっくり安全運転。
道も積極的に譲り、後ろからあおられてもエンジンブレーキを使ってゆっくり減速してあげる。
前方に遅い車がいても、あおらず時間をかけてゆっくりと徐々に車間をつめる。
う~ん、平和主義者!


そんなすっかり牙を抜かれた俺も、たったひとつだけ今でも血のたぎるストリート・ファイトがある。
仕事が休みの日は必ずこのファイトに燃える!


そう!その名も「子供・ストリート・ファイト・クラブ」!略して「C・S・F・C」

解説しよう
「C・S・F・C」とは、街の中で自分の子供と同世代の子を見つけると、あらゆる角度から互いの子供を分析して、どちらが最も可愛いかを自己判断する戦いである。もちろんのこと、この判定には冷静さと客観性が必要とされる。

そう、子連れの人とすれ違うたびに親同士の譲れない熱い勝負が日々行われているのだ!

その「C・S・F・C」おいて、家の「姫」は38戦35勝1敗2分!
勝率9割を超える、強烈な強さを誇っており、
先月にはWCW新人王に輝き(WCW=我が家の・チャイルドは・ワンダフル)

さらに年末にはWCC日本ベビー級タイトルマッチに挑戦することも決まっている。
(WCC=我が家の・チャイルドは・キュート)

そんな、世界・最強・最高レベルのキューティー・エンジェルがいつもそばにいるのにもかかわらず、
わが愛する嫁は、他の子がいるとそっちに夢中になってしまう!

えぇ~、なんで~????

「だって、シュンちゃんもコウちゃんも、すごくカワイイじゃん!」

えぇ~、なんで~~?????「姫」のがカワイイやん!

「確かに姫もカワイイけどね、別もんじゃん!」
「あんた、本当に客観的に見れてる??」

って言うか、当たり前やん!「姫」史上最強のキューティ・エンジェルやん!

「じゃ、今の姫と同じ顔の人と付き合える?結婚できる?」
「だって、あんたのシュミって、猫目のクールそうなスレンダー系じゃん!どっか影のある感じの・・・」
「姫ってそんなタイプ?」

うん、確かに!目はやや腫れぼったいし、切れ長でもない。さらにちびっ子・ポチャッリ型・・・・。

「ほら~~!言い返せない!図星でしょ!客観性ゼロじゃん!」

 ― 絶句 ―

「もし、高校時代に「姫」に付き合ってください!って言い寄られたらどうすんの?付き合える?」



・・・・・って言うか、余裕で付き合えます!!!!!!って言うか大好きです!!!!!!


「こいつ、ほんと!バカっ!」的な冷たい視線にも負けないTOMOだったのです。



PS.
最近、「姫」のホッペにチューしようとすると、裏手で押さえられます。
それでも無理やりチューをすると、手で拭かれます。
嫁が「姫」にチューすると、拭かれません・・・・。

「姫」は嫁のホッペや口にチューをします。
しかし、TOMOにはしてくれません。
無理やり、チューさせようとすると顔をそむけられます・・・・。

そんなお茶目な「姫」はこの前、お風呂でママと間違えTOMOの乳首をすいました・・・・

ちょっと、嬉しかった!

しかし、「姫」は眉間にシワを寄せてました。

姫ちゃん

我が家の姫君!カワユイ!




プロフィール

tomoiju

Author:tomoiju
名前:TOMO
役職:IFLHP管理人
ニックネーム:エセ関西人
所属:IFL ブラオヴィーゼ諫早
ポジション:後ろの方・ベンチの方
得意プレー:切れ味鋭い「つっこみ」と、中途半端なボケに対する「スルー」
苦手プレー:褒められる・つっこまれる



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。